ご挨拶

弊社は、昭和54年海洋構造物などの重防触工事業者として発足いたしました。
昭和58年頃から陸上のコンクリート構造物においても塩害やアルカリ骨材反応
によるコンクリートの劣化が社会的に大きく提起されました。
我が社は、海洋構造物防食技術のノウハウを駆使し、炭素繊維やアラミド繊維な
どによる補修・補強工法を用いて高速道路コンクリート構造物の長寿命化の実績
を積んで、この分野の専門業者としてその地歩を固めてまいりました。
この技術を基礎に現在は遮音壁、防護柵、立入防止柵などの工事も実施し、国土
交通省、高速道路各社、都県等の信頼を得ています。
弊社は、平成12年にISO9000シリーズ、平成29年にはISO1400
1、OHSAS18001の認証を得ています。また企業の社会的責任を役職員
が共有し、公共工事に従事する会社として自覚をもち、品質と安全確保に一層の
技術研鑽に努め、従業員が幸せを感じられ、社会に貢献する企業をめざします。
今後とも、ご指導お引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。