沿革                                   

 S54.3 株式会社全商設立。事務所を横浜市中区に置く 
 S54.3 株式会社井上商会とアマコート製品販売業務提携 
 S56.3 社名を「全商興業株式会社」に変更、塗装工事建設業許可を受ける 
 S58.10 事務所を東京都中央区に移転 
 S59.11 コンクリート塩害対策工法「クリートガード工法」に関する特許申請。
日本道路公団 北陸自動車道 大慶寺川塩害対策工事の試験施工に参加。 
 S59.12 東京電力㈱各火力発電所、原子力発電所、並びに各支店の取引登録を開始。
平成2年6月本社登録 
 S60.2 資本金を500万円とする 
 S60.4 建設省関東地方整備局、日本道路公団、首都高速道路公団等指名参加資格取得 
 S60.10 コンクリート劣化防止剤「クリートコートシステム」を開発、販売、施工を開始 
 S62.5 事務所を東京都墨田区に移転。資本金3,000万円に増資 
 S62.7 土木工事、とび土工コンクリート工事建設業許可追加取得 
 H1.12 JR東日本武蔵野線地覆はく落修繕工事受注 
 H2.10 日本道路公団 東京外環遮音壁工事受注 
 H3.2 資本金5,000万円に増資 
 H3.10 JR東海新幹線桁はく落修繕工事受注 
 H4.1 JR西日本新幹線スラブ修繕工事試験施工開始 
 H4.2 社名を「株式会社ゼンテック」に変更 
 H5.9 「クリートコートEXシステム」を開発。日本道路公団規格適合品として承認を受ける 
 H7.9 東京都墨田区東駒形に本社ビル新築・移転 
 H12.11 ISO9002認証取得(認証番号JQAーQM-5518)、現在は9001へ移行済 
 H13.3 国土交通省 東京国道事務所 大阪橋橋梁補強工事受注 
 H13.6 坪井工業株式会社業務提携 
 H13.12 三菱化学産資㈱(現 三菱樹脂㈱)炭素繊維工法 基本契約締結 
 H17.10 日本道路公団他高速道路2公団は民営化により高速道路会社5社に組織変更 
 H18.4 「クリートコートEXウレアシステム」ウレアウレタン吹付け工法開発、施工開始 
 H21.3 坪井工業株式会社との業務提携解消 
 H21.3 株式を日本メンテナンスサービス㈱・アイング㈱・東北ハイメン㈱が譲受し
パブリックカンパニーとなる 
 H23.11 東北ハイメン㈱が株式を日本メンテナンスサービス㈱に譲渡する 
 H25.11 アイング㈱が株式を日本メンテナンスサービス㈱に譲渡する 
 H26.8  本社を東京都足立区へ移転
 H29.6 ISO14001及びOHSAS18001認証取得
 H30.2 日本メンテナンスサービス㈱が株式を㈱栗本鐵工所に譲渡する
 H30.2

㈱栗本鐵工所のグループ会社となる